大阪府池田市呉服町の産科・婦人科なら川口レディースクリニックへ。当院は阪急宝塚線「池田」駅直結。妊婦健診、婦人科健診、更年期診療、月経異常など、思春期から老年期まで女性を一生涯にわたってサポートいたします。

自費診療について

自費診療価格

初診時のみ自費外来初診料(カルテ作成、データ保管、納入手数料等)いただきます。

ブライダルチェック 18,000円

緊急避妊オンライン診療可詳しくはこちら

LNG法 13,500円 (指導料込)
LNG法 ジェネリック医薬品 10,000円
Yuzpe法 4,500円(指導料込)

プラセンタ注射詳しくはこちら

1本 800円
2本 1,500円
3本 2,000円
4本 2,500円

月経移動相談+投薬オンライン診療可詳しくはこちら

月経移動相談+投薬 3,500円

低用量ピル(避妊薬)オンライン診療可詳しくはこちら

内服開始前採血 (一般採血、肝機能検査、血液凝固機能検査) 2,500円
ファボワール 1シート2,500円
トリキュラー 1シート2,500円

内服療法オンライン診療可詳しくはこちら

シナール配合錠+トランサミン250mg 30日分(90錠+90錠)4,000円

点滴療法詳しくはこちら

ビタミンカクテル 3,000円
マイヤーズカクテル 4,500円
グルタチオン点滴 (高濃度ビタミンCと同日不可) 初回800mg4,000円 2回目以降1,000-1,200mg5,000円

高濃度ビタミンC点滴詳しくはこちら

初回G6PD検査+12.5g (他院でも検査結果持参いただければ、25gからの投与可能) 5,000円
ビタミンC25g 6,000円
ビタミンC50g 10,000円

IPL光治療詳しくはこちら

1回(要予約) 15,000円

各種メディカルコスメ詳しくはこちら

感染症即日検査(HIV、梅毒)詳しくはこちら

相談のみ 3,000円
HIV検査のみ 8,000円
梅毒検査のみ 6,000円
HIV・梅毒同時検査 12,500円

ブライダルチェック

赤ちゃんへ感染する病気を持っていないか、妊娠や出産に影響を与える病気を持っていないかどうかなどの検査を行います。
血液検査(貧血、肝機能、腎機能、甲状腺機能、B型肝炎、C型肝炎、風疹、HIV、梅毒)
おりもの検査(淋菌、クラミジア、カンジダ、トリコモナス)
子宮頸がん検査(細胞診検査)
超音波検査(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍など)
検査結果により治療が必要な場合、結果を説明させていただく段階から保険診療となります。

▲ページトップに戻る

緊急避妊

コンドームの破損等の無防備な性交が行われ、妊娠を望まない場合、緊急避妊が避妊の最終手段となります。性交後72時間以内に緊急避妊用の薬剤を服用することで、ある程度の避妊効果が望めます。
従来は、Yuzpe法が用いられていましたが、2011年にLNG法が厚労省の承認を得て導入されました。
当院では、LNG法のジェネリック医薬品も導入しています。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、 厚生労働省の認可を得て製造販売される、先発医薬品と同じ有効成分を含む医薬品です。

服用方法 避妊効果 胃腸障害 費用 厚労省
Yuzpe法(従来法) 12時間の間をあけて2回 57% 50% 4,500円 未承認
LNG法 1回 85% 4% 13,500円
10,000円
承認

※上記のように、緊急避妊を行っても避妊効果は100%ではありません。95%程度の方が、予定月経日の1週間以内に月経がありますが、月経が来ない場合や、普段よりも軽い場合は妊娠の可能性を確認する必要があるため、医療機関を受診してください。

▲ページトップに戻る

プラセンタ注射

プラセンタ注射

プラセンタ(Placenta)とは哺乳動物の「胎盤」を意味する言葉ですが、その胎盤から抽出された有効成分を投与することをプラセンタ療法と呼んでいます。
①自律神経調節作用、②基礎代謝向上作用、③免疫賦活作用、④抗疲労作用等が報告されています。
また、疾患によっては保険適用が可能となっています。
投与の目安としては週に2回を1カ月程継続し、その後の維持目的に週に1回投与します。
効果が認められるには3-6カ月かかることが多いとされていますが、半年経っても変化がない場合は中止されることをお勧めします。
当院ではメルスモン社のプラセンタを使用しています。
(保険適応疾患:更年期障害、乳汁分泌不全)

▲ページトップに戻る

月経移動相談+投薬

仕事、旅行、スポーツ、その他の事由により月経を移動させる必要がある場合、性ホルモン薬を用いた月経の移動を行います。
月経を早める方法と、遅らせる方法がありますが、早める方法は失敗のリスクがありますので通常は遅らせる方法をとります。
その場合、月経予定日の5日程前から性ホルモン薬を1日1錠内服開始し、必要な日まで内服を続けます。内服終了後2-5日で出血が始まります。

▲ページトップに戻る

低用量ピル(避妊薬)

経口避妊薬の避妊率はほぼ100%です。
保険適応はありませんが、適切な健診と医師の処方箋が必要な薬剤です。投与開始前と、それ以降半年-1年おきに問診、血圧測定、採血、がん検診等が必要になります。

  • 初回採血+処方1シート5,000円
  • ファボワール1シート2,500円
  • トリキュラー1シート2,500円

その他、取り扱い希望があれば導入させていただきますので、ご相談ください。

▲ページトップに戻る

内服療法

シナール配合錠
主成分はビタミンCとパントテン酸の配合薬です。
シミの原因となるメラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着の改善効果があります。1日3回服用してください。
トランサミン250mg
主成分はトラネキサム酸です。メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。1日3回服用してください。
※シナール配合錠+トランサミン250mg、各1カ月分合計4,000円
▲ページトップに戻る

点滴療法

ビタミンカクテル:3,000円
ビタミンB群・ビタミンCを含んだ点滴で、肉体疲労や寝不足に効果があるとされています。
ビタミンB群により疲労回復を、加えてビタミンCを補給することで、抗酸化作用・抗ストレス作用・美白効果も期待されます。
マイヤーズカクテル:4,500円
マイヤーズ・カクテルは、風邪や喘息、慢性疲労などを栄養点滴で治療することで有名な米国メリーランド州のジョン・マイヤーズ医師が開発したものです。人間のからだに必要とされるビタミンやミネラルなどの栄養素を、血管から直接入れる治療法です。ビタミンB群・ビタミンC・マグネシウム等が含まれています。
多くの疾病に効果が期待されています。
例)気管支喘息、片頭痛、アレルギー性鼻炎、更年期症状、慢性疲労症候群、全身倦怠感
グルタチオン点滴(高濃度ビタミンCと同日不可)
  • 初回、800mg4,000円
  • 二回目以降、1,000-1,200mg5,000円

グルタチオンは肝臓などで生成される抗酸化物質で、3つのアミノ酸から成るペプチドです。
解毒作用や肝機能改善、美白効果があり、パーキンソン病の治療としても臨床研究が実施されています。

▲ページトップに戻る

高濃度ビタミンC点滴

  • 初回G6PD検査+12.5g5,000円
  • ビタミンC25g6,000円
  • ビタミンC50g10,000円

経口摂取の場合、ビタミンCの余剰分は尿中に排出されてしまします。点滴による投与でビタミンCの血中濃度を数十倍に増加させることで、高い効果が期待できます。
高濃度ビタミンC点滴の効果として、抗酸化作用・疲労回復作用・免疫力向上・美肌効果等が報告されています。
ビタミンCは、過剰に摂取しても、余剰分は尿中に排出されるため、基本的に重篤な副作用はありません。ただし、腎臓疾患や糖尿病、甲状腺の病気、特定の疾患がある方は受けることが出来ません。また、G6PD欠損症の方も受けることができません。高濃度ビタミンC点滴を受ける場合は、初回に血液検査を実施させていただきます。

▲ページトップに戻る

IPL光治療

IPL光治療 IPL光治療

この治療は、パルスライト照射による熱エネルギーを利用し、光老化によるしみ・ソバカスやくすみ、血管拡張による肌の赤み、 その他肌の老化現象を、複数回の治療でダウンタイムなしに改善させることを目的とした治療です。
レーザーのようにシミを1回で消し去る治療ではなく、複数回の治療を継続することにより、少しずつ穏やかに肌質が改善していきます。
治療間隔は、3~5週間が目安になります。治療回数は肌質・症状により異なります。
レーザー治療と異なり、 特別なケースを除き術後にガーゼやテープを張る必要はありません。
稀に治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間経過とともに消退していきます。必要な場合は、医療用の美白クリームを処方致します。(通常、照射後2週間~1ヶ月で出現)
効果には個人差があり、症状によっては改善が見られない場合があります。

※施術前にはメイクを落としていただく必要があります。
※メイク落としや施術後の専用化粧水は準備しておりますが、メイク道具は準備しておりませんので、ご持参ください(施術後のメイクが可能です)。

▲ページトップに戻る

各種メディカルコスメ

現在準備中。直接お問い合わせください。

▲ページトップに戻る

感染症即日検査(HIV、梅毒)

  • 相談のみ3,000円
  • HIV検査のみ8,000円
  • 梅毒検査のみ6,000円
  • HIV・梅毒同時検査12,500円

HIV即日検査について

日本では年間1,500件前後のHIV感染者・エイズ患者が新規報告されています。
HIVに感染の急性期(数週間)には、インフルエンザ様症状を呈することがあります。
その後数年から10年程度の無症候期に入ります。無症候期のうちにもHIVは増殖し、免疫不全状態となりエイズ発症期の経過をたどります。
初期の症状もHIVに特徴的なものはないため、感染したかを調べるにはHIV検査を受けるしかありません。
エイズ発症前にHIV感染を知ることが重要であるため、少しでも心配があれば検査を受けてみてください。

補足:
・HIV(Human Immunodeficiency Virus):ヒト免疫不全ウイルス。ヒトの体を病原体から守る免疫細胞に感染するウイルス。
・エイズ(AIDS:Acquired Immuno-Deficiency Syndrome):後天性免疫不全症候群。HIV感染により免疫細胞が減少し、普段は感染しない病原体にも感染しやすくなり、様々な病気を発症する状態をエイズといいます。
・ウインドウ期:ウイルスに感染してから検査によって陽性になるまでの期間(抗体が検出できない時期)。即日検査の場合、感染初期では判定保留や陰性となることがあります。感染の機会から1カ月以上経っての検査で陰性であれば、感染の可能性は低くなります。ただし、感染していないことを確実にするためには、感染の機会から3カ月以上経過した後の再検査が必要です。

梅毒即日検査について

同性間性交渉をもつ、男性における感染の報告が多い感染症でしたが、近年、異性間性交渉による男性と女性の間での発生報告が増加しています。
特に20歳代を中心とした女性での流行が問題となっています。
梅毒の感染経路は性行為等による、粘膜の接触を介してヒトからヒトに感染します。
妊婦が梅毒に感染することは、胎児の先天梅毒の原因にもなります。感染暴露から10-90日間の潜伏期間を経て、第一期梅毒、第二期梅毒、潜伏梅毒、晩期梅毒と典型的な経過をたどることもありますが、重複して進行していくこともあります。
梅毒とHIV感染症は高頻度に合併することも知られており、心配であれば検査を受けることをお勧めしております。

検査の流れ

予約(電話等)⇒受付(来院)⇒検査前説明⇒採血⇒迅速検査⇒結果お伝え⇒会計
※判定保留の場合、確認検査を実施いたしますが、そちらの結果は1週間程度の期間を要します。

▲ページトップに戻る

自費診療でクレジットカード・ICカードが利用できます

当クリニックでは自費診療で下記のクレジットカード・ICカード・PayPayが利用できます。

クレジットカード・ICカード・PayPayイメージ ▲ページトップに戻る

Clinic Informationクリニック情報

           
診療時間
午前診  9:00~12:30
午後診A  14:30~17:30
午後診B  17:00~20:00

休診日水曜午後、日曜、祝日

072-753-5888

公共交通機関でお越しの方

阪急宝塚線池田駅より、2階連絡橋で直結しております。
駅前の商業施設「サンシティ池田」の3階クリニックモール内に当院がございます。

お車でお越しの方

施設の駐車場をご利用ください。(※提携駐車場ではありません)

>>http://www.suncity-ikeda.com/parking.html
川口レディースクリニックアクセスマップ

〒563-0048
大阪府池田市呉服町1-1 サンシティ池田305

PAGETOP
Copyright © 2019 川口レディースクリニック All Rights Reserved.